.net.amigoココログ跡地2007~

まとめ・文字起こし+ココログ過去記事集

【抜粋】石橋貴明のスポーツ伝説 斎藤佑樹 吉村禎章 栄村忠広

ナレーションは小栗旬
ハンカチ王子

入団会見は球場貸切
定岡:プロの実力とギャップを埋める作業になるんですよ。
江川:プロって2段上がる状況。その2段が大きい。

やっぱり二桁勝利はしたかった。新人王も欲しかった。(1年目:6勝6敗)
今思えばよく6勝できたなと。
 
開幕前に栗山監督から「開幕投手頼んだぞ」と手紙を渡される。
栗山:ずっと上手くいけばいいけど苦しむ可能性もある。
純粋な原点の気持ちを決して忘れて欲しくなかった。
「嬉しい気持ちはありましたけど、緊張と不安、なんともいえない・・」
「今は”持ってる”じゃなくて”背負ってる”」
(プロとアマ)一番違うのはストライクゾーンが狭くなった。
ボール2個分中に入ってるので慎重に投げなくてはいけない。
結局、肩の故障で1軍での登板はわずか1試合のみ。
(大谷と比較して)小さいは小さいの、大きいは大きいの良さがある。
田中将大をどう思っているのか)
石橋:投げ合った仲間としてどういう思いで?
斎藤:それに対してコメントしたくないわけじゃないけど、どう思うかって言われても。自分は自分、人は人。自分のことで精一杯なんで。ここで諦めるわけにはいかないと思う。
石橋:石川もいますし、杉谷にも言ったんだけど「お前らここじゃなくて、上に上がって金もらってこそプロだからな」って。
斎藤:「持ってる」なんて言わなければよかったなと思う。

編集で短くしたが、実際は1時間ぐらいのインタビューだったんだろ。
現役中にこのような企画をしてもらえるのは珍しいと思う。
桑田っぽいイメージがあるんだが。

吉村禎章 栄村忠広
激突は、奇しくもハンカチ世代が生まれた年の出来事。(88.7.6)

今だに円山球場と聞くと思い出す。野球にタラレバはいかんが、あれさえなければ4番打てたかも。
王さんだって「あのまま順調なら素晴らしい選手になったと思う」って言ってるじゃないか。
王貞治:怪我をしないようにするプレーは本当のプレーじゃない。栄村が悪いという事は一切ない。
 
ちょっとウィキ見てビックリ。やくみつるひどい。(はた山ハッチ
背番号666やもんな。

栄村忠広 - Wikipedia 栄村忠広 - Wikipedia

ファンの「お前は巨人の悪魔だ」
電話で「お前が怪我すればよかったんだ」って怖い。
ネットこそなかったが、ご本人への直接いじめという点では同じ。
youtubeにはないんだけど。削除されたんかな。
吉村は、4本ある靭帯のうち3本が断裂。
復帰までの道のりは当時ドキュメンタリ番組「Time21」で放送。
泣きながら見た。

吉村:指を動かそうとしてもできなかった。痺れてた。目の前が真っ暗になった。

栄村は北海道遠征の後、東京の病院に駆けつける。
病室で「気にしないでください、グラウンドでのことですから」
球界のスター選手になんということをしたのか、詫びの言葉が言えないまま病院を後に。
事故から4日後、アメリカへ移送。ジョーブ博士のもとへ。
5時間に及ぶ大手術。
吉村:「野球でこんな大怪我をするのか、
交通事故ぐらいの衝撃を受けないと見たことがない」と言われた。
最悪の場合、左足首が動かず走れないかもしれない。
心の支えになったのは、入院していた小学生の子供たち。
かれらは生まれつきの障害を抱えていた。
「自分のリハビリなんか大したことないじゃないか、ありがとう、もう1回頑張ろう」
器具を装着して走れるように。
栄村:一瞬真っ白な状態になった。周りを見ることなく追突したっていうか・・
石橋:いいプレーを見せたいって思いもあった?
栄村:あとでビデオを見ると吉村の方が捕球体勢に入っていた。申し訳ないと思った。ちゃんとした見舞いもできなかったことが悔やまれる。
江川卓:見てる人は謝れって思うかもしれないが、できないんですよ。自分はCMという形でできましたが。

89年2軍落ち。
チームメイトも腫れ物に障るような空気に。

復帰した吉村にも声をかけることができず。

88.9.2 代打吉村。429日ぶりの復帰。 
吉村:まず一つは諦めなくてよかった。ファンの人たちの声援が嬉しかった。


須藤監督からの電話で栄村が部屋に行くと監督は水割りを作り「栄村、よかったな」涙が止まらなかった。
須藤豊:泣きじゃくるってあのことですかね。精神的なことは計り知れない。
栄村:ウイスキーを1杯いただきました。祝おうって。今も忘れない。よかったなって一言が嬉しかった。

自らの意思でオリックスへ移籍。
栄村:心が切れかけてた。ジャイアンツのユニフォームではこの先厳しいなと。1年で戦力外。
先物取引の営業の仕事についても「あなたに期待しているのは、元巨人軍の栄光と看板。営業に行って、あの吉村を怪我させた栄村ですといえば」そこを辞めたあとは、バイト生活。収入は10分の1に。
酒を飲むことが唯一の楽しみ。そこで知り合ったひとと結婚。野球のことは全くわからなかった。バイトを辞め不動産会社に就職。

結婚しても第2の人生を歩いてても罪悪感が消えることはなく。
電車に乗って「栄村や」ってバレへんかなって出勤せず戻ってきたり、子供が小学生になっても「吉村を怪我させた奴が父ちゃん」ていじめられへんやろか、などと異常なまでに気にする日々だった。

吉村禎章への手紙(概略)
これまで伝えられなかった私の気持ちをわかってもらえたら。
きちんとしたお見舞いができなかったことが悔やまれてなりません。
どうか許してください。
吉村:栄村さんは、どうか一切罪悪感を持たないで。全力でプレーしたことによって起きた怪我なんで。お互い頑張っていけたらと思います。

栄村忠広、現在は大阪港振興株式会社勤務。

江川:奥さんの「野球知らない」って言葉は天使の言葉ですよ。うちもそうでした。