.net.amigoココログ跡地2007~

まとめ・文字起こし+ココログ過去記事集

徹子の部屋にソフィー・マルソー

ラ・ブーム」「プライベートスクール」「ブレイブハート」

「ラ・マン」「私の夜はあなたの昼より美しい」・・・

 

16歳と9歳のお子さんがいる。

「窓ぎわのトットちゃん」に感動。「あの時代があるからこそ、今の黒柳さんがあるんじゃないですか」自分の息子さんには物語を作って読みきかせをした。

息子さんは「60歳ぐらいになったらママは最高の人生だよ」と言った。心理学者というか、他人をよく見ているんですよ。お互いに自由なことが言える。

他の人の言うことをよく聞き、世界を知ることが大事なんです。母親もそういう風にしようと思ってるんです。

30年間仕事をやって来れたことはラッキー。嫌だなと思ったらやめていたはず。人生は選択じゃないですか。自分の人生に大事だなと思ったら子供から離れません。女性は複数のことを一度にやるのは得意じゃないですか。仕事と育児を両立させる、二つの人生を生きるのは楽しい。日中は映画の仕事ですが、あまり外出もしないし、子供といるほうが好きですね。いつも時間を失わないように、有効に使うようにしています。

ジュリエット・グレコがお母さんと離れているのはさびしいといっていた。でも世の中が(インターネットとかで)速くなった。

ナチュラルってすきなんです。快適で気持ちよくて

わたしやっぱりチャンスがあるというか、仮装するような事もあるけど、それ以外は素顔でいたいんです。映画のプレミアに子供たちを連れて行くようなことはしません。普通の女性ですから。ごく普通の生活は可能なのよってこと大事にしてるんですよ。

 

 

 

 

カーネリアンを持ってきてた。

偶然は信じないんですが、最近の舞台でカーネリアンの話をしていて。

この色は日の出の色。

ルネッサンス=再生というような。

ラッキーチャームとして持ち歩いていたこともある。

シルエットのいい人はシルエットが完全に変わる。

生まれ変わったらダンサーになりたい。

 

最新の映画は「マーガレットと素敵な何か」

 

1966年生まれか。

昔「ロードショー」だの「スクリーン」だのよく読んだなぁ。

子供たちの闘病に役に立つ、という話に来たところで

時間になったのは惜しかった。