.net.amigoココログ跡地2007~

まとめ・文字起こし+ココログ過去記事集

野村総一郎先生の「応援球団が負けると憂鬱になる人生案内」

2011.8.26 

応援球団 負けると憂鬱

60代無職男性 

たわいもない相談で申し訳ありませんが、長年応援しているプロ野球の球団が負けると

最近は気分が一日中暗いままになってしまいます。最近の弱さは目に余るものがあります。

 

相談者は神奈川県w

アナタはもしかすると、ワタシのお父さんじゃないですか?とも思ったのだが、うちは巨人ファンなので。

1日中暗いのならまだ大人しくていいほう。年齢ではなく性格的なもの。

うちは非常に大変。

昔、ドリフのギャグで加トちゃんが、巨人戦を見ながらテレビに蹴りを入れるものがあった。うちの父は似ている。

くそ暑い猛暑のシーズンに「負けたから風呂に入りたくない」と言った時は病院行きを検討した(実話)。結局家族が説得して風呂に入れた。

試合中はラジオを持ち込んで入浴するが、何台浴槽に沈めたかわからない。

いまでこそJコムで、試合終了まで見られるようになったが、それはそれで試合が済むまで地獄絵図のような大騒ぎ。

ワタシたち姉妹は結婚して実家を離れて本当に良かった。母はそんな父に疲れると我が家にやってくる。おいらのコテハンはこの球団のアノ方が元になっている。

 

野村総一郎先生の回答(抜粋)

実は私も若い時からある球団の尋常ではないファンで、負けると3日ぐらい憂鬱になり、怒ってゲンコツで壁に穴をあけた。

 

予想するにカープファンじゃ(→先生は広島生まれ)

広島県に居ても阪神ファンはいるし、大阪府在住でも隠れ巨人ファンが居るからなんともいえない。じゃ「3強2弱1番外地」状態にあった時はきっと大パニック。

ストレス解消のための標的の一種だと思えば、なんだか弱いチームも許せたりするのです