.net.amigoココログ跡地2007~

まとめ・文字起こし+ココログ過去記事集

竹脇無我 散りゆくだいこんの花。

人知れず 忘れられた茎に咲き 人知れずこぼれ散り 細かな白い だいこんの花

 

 声質のせいなのか、先だって亡くなった細川俊之さんとよく間違えた。 

大岡越前の榊原伊織役が竹脇無我

 

 49歳ごろからうつを患っていた。 松山英太郎の死や外面と内面のギャップに苦しんだ。

岸辺のアルバム」主題歌も忘れがたい。八千草薫の不倫相手の役。

あの声で唐突に不自然な電話がかかってきて、一家は坂道を転がるように堕ちていく。娘役の中田喜子の結婚相手は津川雅彦

 

追記

2003年のインタビューより

とにかく死にたいのよ。なんで細胞が「死にたい」って所へ行っちゃうかなぁ

うつだけでなくアルコール依存症にもなっている。

 森繁久彌氏からの手紙には

 「人間は泣いてばかりでは生きられない 笑ってばかりも生きられない」

頑張れとは言わなかった。あのひとわかっていたんだな

 津川雅彦:あいつはこの世に未練を残すような馬鹿じゃない。躁状態の時は、こんな面白いお笑い芸人いるのかって思うくらい、3時間ぶっ続けでしゃべったり笑ったりしていた

最期を看取ったのは西郷輝彦石井ふく子。前妻。

 

実家で見つけた切り抜きには(昭和50年頃)

18歳のファンから来た手紙「最近の竹脇さんはいつも優等生の役が多くて不満です」とあり、「同じことを考えていたのを見ぬかれびっくりした」

97年に離婚。現在は40代の夏木マリ似のひとを「家内です」

 

Img153_3