.net.amigoココログ跡地2007~

まとめ・文字起こし+ココログ過去記事集

ボクらの時代 蜷川幸雄×小栗旬×綾野剛(抜粋)

小栗:「ハムレット」の時の(藤原)竜也、すごかったっすね
蜷川:今つまんねぇよね
小栗:こないだ見に来てくれて、食事したんすよ。「なぁ小栗、蜷川さんさぁ、俺にだけは、いうことが大体批判なんだよね。羨ましい綾野くんとか。素晴らしい俳優つって。お前何やってんだって毎回言われる」
蜷川:「お前古臭いんだよ、リアリティがねぇんだよ」(笑)
小栗:傷ついてますよ。
蜷川:小栗はね「再演出ない」って。「今日何してる?」聞いたら「大泉撮影所で撮影してる・・わかった、って行って。「芝居に出て」そういう手間も俺にわざわざ。
小栗:その時は「キサラギ」って映画撮ってて。奥に蜷川さん座ってるわけ。エ?ホンマ?」せっかくだからって蜷川さんを囲んで小出恵介とかで写真撮って。
蜷川:こいつ(綾野剛)は俺にさ、朝4時だよ電話が。「夕方会おう」って。そしたらすっぽかして、俺待ちぼうけだよ(笑)
小栗:その後蜷川さんとやってる人達は、フレンドリーに電話かけたりして俺らからすると羨ましいなあ。
蜷川:蜷川さんのこと「幸雄さん」って呼びますから「剛」って呼んでください、って。すっぽかしてやんの(笑)
綾野:1ヶ月ぶりですよ。お酒飲んでんの。「クローズZERO」でこの人に騙されて酒覚えた。稽古中毎日飲んでたんで声でなくなって。すごいストレスだった。旬に話したら「俺もあるからね、舐めてると簡単に脳いくから」7月から酒控えて1回も飲んでない。旬に呼ばれて行ったら「なんで飲まねぇんだよ」って。「いや、だってお前に言われたんだし」「何なんだよ。てんで白帯だよ」・・全く覚えてないの。昼公演終わったあとに 「剛ひさしぶり」「いや全然久しぶりじゃねぇんだけど」

漫画の実写化
蜷川:(ルパン三世)面白いの?あの映画?
小栗:面白いですよ、エンターティメントです。
蜷川:あんなの実写で映したって意味ねぇじゃねぇか。漫画はサイズを決めて変化していくけど、実写化するっていうのは、どこがクリエイティブなんだ?面白いんだ?
小栗:うまく飛び越えれば面白いと思いますけどねぇ。それが作れると、クリエイティブになるんじゃないかな。
蜷川:なんか、画(絵)のコピーのような気がしてしょうがない。
小栗:そうなっちゃうのね。実写の世界に入って「え!これじゃホントに漫画読んでるみたいじゃん」って。
蜷川:じゃ観よう。
小栗:観てください。すぐ電話ください。チャーミングですよ俺。
蜷川:(元々俳優だったんだけど)辞めちゃった。31ぐらいで。あまりにも屁理屈ばかり言ってて上手くない。「何この演出」とか「わかんないなあ」って言ってる俳優、誰も使いたくないよね。やっても下手なんだから。
綾野:蜷川さん、俳優が好きなんだな。俳優に対しての愛はすごく感じた。
蜷川:恵まれてスタートした俳優じゃないから、小さな屈辱感が積み重なっててさ、ちっちゃな悔しさみたいなものが自分を奮い立たせる。
綾野:デビューしたあと、撮影行った日に「はい、交通費と今日の領収」お金とサイン書いて。もういらないです、って言って。すごい嫌でしたもん。これやって1日のお金もらって。自分が素直にもらってる感じがすごく・・なんともいえない感じ。でもある日素直にもらったんですよ。その金を。きょう1日何をやったかは置いといて、エキストラのレベルで。それにたいしての等価交換じゃないけど、自分の時間を向こうが買ったと。じゃ、ちゃんと残しとかないと意味ないんじゃないかって。堂々ともらっていけばいいんだと。小さい領収書に名前を書く事に意味を感じて。
蜷川:俺とは意味が違う。俺は結構シャイなところがあって、屈折するんだよ。綾野剛みたいに苦労して。こいつ(小栗)はさぁ、恵まれた不幸があって、わかってるからいいんだよね。恵まれてる分から脱出しようとするところが小栗のいいところなんだよね。


小栗旬 結婚して思うこと
小栗:いやぁ~もう・・自由がないですからね。どこで誰が見てるかわかんないし。ただ「カリギュラ」で「本当の自由を獲得するためには永遠の孤独を完成させるんだ」ってセリフがあって。

サワコの朝 綾野剛 ミニマルミュージックとは。 - .net.amigoココログ跡地2007~

 

サワコの朝 蜷川幸雄 - .net.amigoココログ跡地2007~

 

SWITCHインタビュー達人達 蜷川実花×渋谷慶一郎 色彩は誘う、死は歌う。(抜粋) - 別館.net.amigo

 

ボクらの時代 沢尻エリカ×蜷川実花×小栗旬 ラブシーン、役どころ、2007年別に問題 - 別館.net.amigo



   

 

    、