.net.amigoココログ跡地2007~

まとめ・文字起こし+ココログ過去記事集

nhk さど★まさし 題名のある音楽会

局側が考えたのか、さだまさしの思いつきなのか、

佐渡裕さんは「いいんですかね」と言ってたので彼じゃないと思うが

番組タイトルの安易さはこの際置いといて。

9月30日、兵庫芸術文化センターで、生で堪能できたアナタは幸せ者です。

地上波版は、トーク部分に時間を割いて編集しているので

実際よりも短い放送時間なのが残念。

どうやらたっぷり3時間あったんだそうです。

さだ「震災後、佐渡さんから電話がかかってきてね。

音楽は無力だーって、泣くんですよ。え~んえ~んって

僕の歌で元気になれるなら」

早朝から弁当作ってて疲れたので、ぼ~っとしながら見ていたが

確かそんなことをMCで言っていたと思う。

スーパーキッズオーケストラは小3~高3で構成されているが

パッサカリア」の迫力は画面を通しても伝わってくる。

そして30年以上経っても新鮮な気分で聴ける「道化師のソネット

2部構成なので

ダイジェストだと思って楽しめばよいのだが

「主人公」「いのちの理由」「案山子」までには

当然何曲か演奏がありまして。

渡辺俊幸は「案山子」一曲のためだけに登場。

さださんは生まれて初めて歌詞を間違うし、佐渡さんの歌声も貴重で。

二度と見られぬシーンかも。

診療所に集まる人は 病気だけれども

少なくとも心は 僕より健康なのですよ 「風に立つライオン

国際医療ボランティアであった、長崎大学病院の医師の実話をもとに

つくられた作品だそう。

ラストナンバーは「ローマの松」より「アッピア街道の松」。

そして観客と「ふるさと」。

・・・これ、BSで完全放送できないのかな。

追記:演奏曲目、調べてみました。

第1部 演奏:スーパーキッズ・オーケストラ

バッハ:G線上のアリア

チャイコフスキー:弦楽セレナードより第3楽章“エレジー

レスピーギリュートのための古風な舞曲とアリア第3組曲より“パッサカリア

さだまさし道化師のソネット(共演:さだまさし

いずみたく/永六輔見上げてごらん夜の星を(共演:さだまさし

【第2部】演奏:兵庫芸術文化センター管弦楽団

シベリウスフィンランディア 

マスカーニ:カヴァレリア・ルスティカーナより“間奏曲”

主人公(共演:さだまさし

いのちの理由(さだまさしソロ)

案山子(さどまさし さどvo,fl  まさし vo.g)

風に立つライオン(共演:さだまさし

レスピーギ:ローマの松より“アッピア街道の松”

テレビじゃ流れませんでしたが「見上げてごらん夜の星を」は聴きたかった。

さだアレルギーだけどクラシックファンとか

さださんもさどさんもどちらも嫌いという人が

偽善企画なんて言いまくっているが

嫌いなアーティストがやれば全部偽善って考え方は変。