.net.amigoココログ跡地2007~

まとめ・文字起こし+ココログ過去記事集

心にいつも甲子園。

21日の午前中、NHKで「心にいつも甲子園」があった。

桑田・清原の頃のPLの選手たちのその後(84~85年)

黒木くんは3年生ばかりのPLチームから、桑田、清原とともに2年生でスタメン入り。その後社会人野球から外資系の営業マンになり、自らがヘッドハンティングして起業した。現在の顔つきって、彼だっ、と分かるまで少し時間がかかった。この写真にスーパーマリオのような髭が生えていた。

うちの坊主が野球をやってて、いつも思うのが「この子の野球人生のピークって、いったいいつなんだろう」ってこと。ずっと絶頂期なんてありえないし。

黒木くんが何人かの元球児と飲んでるシーンがあった。なんか面影あるのがいたが、たぶん清水孝悦くんと北口正光くんじゃ・・・。

自分は女子高だったんで、野球部のある共学に行かなかったことを悔やんでいる。だからこんなのを見ると、彼らと疑似同窓会をしているような気分になる。

今久留主くんは現在、信濃グランセローズGMだ。

ちょっと勘違いをしていた。彼はずっと中山裕章と同期で大洋(当時)に入団したと思ってたけど、実際は89年に佐々木主浩(1位)や東瀬(2位)、平塚(3位)とともに4位で入団(ウィキ参照)。

先ごろ亡くなった石田文樹さんからホームランを打ったのは清水哲さん。この中では訃報に触れずじまいだったが、いったいいつ収録したのだろう。打たれた石田さんの背中が映ったが、今となっては悲しすぎる。清水さんは何年か前、おいらの街に講演に来られた。KKコンビに電動車いすをプレゼントされ、それから少しづつ世界が広がったそうだ。人生において「最後まであきらめない」ことを彼が教えてくれた。ヘルパー派遣をするNPO法人を立ち上げたらしい。

球児たちのその後、30歳を過ぎたあたりでこうやって企画してくれるといいね。

40歳以上を取り上げると、人生の難しさも知る頃なんで、更に面白い。

今地区予選とルーキーズと子供の野球とプロ野球で、すっかり野球三昧な夏。来月は坊主の遠征もある。なぜこんなに野球が好きなんだろう。球音を聞くとわくわくする。

高校時代、この本を人に貸したら、何人分か切り取られてしまった。返せ。

「甲子園の恋人たち」84年~85年版の巻末「定期入れサイズ 夏のヒーロー」

切り抜いて、生徒手帳に挟んでた娘は多かったのでは

20080722_01

 

 

 

 

 

 

20080722_01_02